染谷で桜井秀俊

どんなインプラントも当然、虫歯にはなりませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎の症状かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため早急に診察を受けましょう。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨と一体化して安定した歯根となりやすく材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので納得した上で治療を始められます。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。

インプラント治療による危険性をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするかもしれません。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗してもやり直しできないことが多い点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の出費は必要です。

例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに強いものでもあります。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用のケースはほとんどなく、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。

治療が終わっても、ずっと定期検診があるといったことも他の歯科治療と異なります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です