メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性がある

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた普通のインプラント治療の中でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。

どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで大きく違ってくると言うべきです。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、いくつかタイプがありますが、基本的にはセラミック製です。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材でできているからです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費と考えてください。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。

残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。

正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、異常に気付くのも遅くなります。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。

失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。

ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です