モノサシトンボだけど天田

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるリスクも背負っています。

まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院することや、複数の病院で手術することもあります。

このような難しい治療を行う場合、信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

そうなる理由として、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしている可能性も考えられます。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。
ノアンデってワキガに効くって評判ですね!ノアンデを購入前にチェック!

例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に収入から医療費を控除されます。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が支払いの証拠となるためもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です