八幡で森口

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。

最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、難点もあるということに気を付けてください。

はははのは|口コミや効果を検証!
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。

インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、アフターケアが寿命を決定します。

毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプに分類することができます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるのでたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、きちんと感染症対策がなされている、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども最終的に歯科医を選ぶ決め手です。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局、治療してみるまで分からないということになります。

歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその費用もみておかなければなりません。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です