まおみんの奥田

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本来の歯同様の耐久性を得られるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあるということを忘れてはいけません。

インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはこの治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

ガムを噛んだ程度では、インプラント全体は全く影響を受けないほどに頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすのが無難です。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくことをすすめます。

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

歯科医院決定に大事なのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、あごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのは必須です。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

気になるインプラント手術の内容とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルを欠かすことは出来ません。

そのくらい高度な技術がつぎ込まれた施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

インプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。
エクスレンダーってどうなの?口コミや効果を徹底検証!

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です