菊地の垣内

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、口臭を人から指摘されるようになったという件が歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。

自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。

毎日丁寧にブラッシングすることによる完璧なプラークコントロールが必要で、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部の義歯になる部分を装着します。
ピンクゼリーてどうなの?口コミや販売店を徹底検証!

費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

どうしても外見や噛み心地を譲れない方にふさわしい治療です。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目もかなり自然にうつり、自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

ですから、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です