谷がコノハズク

虫歯をひどくしてしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラントの方が良いと考えました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらい義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければいかにも義歯だと思われることはほとんどありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。
ブリアン歯磨き粉で虫歯菌除去?ブリアン歯磨き粉の効果は本当か?

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも事故を引き起こす可能性が増します。

今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。

不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

これには大変な手間と時間がかかりますから、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。

確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

一生使える第二の歯を求めて、可能性を追求して、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です