矢沢で轟

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちすると思ったら大間違いです。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。

人工歯としてのインプラントは虫歯の危険性は全くありませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで本格的に治療をすすめていくので安心して治療を受けることができます。

そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

白井田七で健康効果?白井田七の効果は本当か?
多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、そのマイナス面も知らなければなりません。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

難しいケースでは数十万円かかるケースもあるのです。

加えて、治療が失敗して障害が残るような健康被害も起こりうるという重大な問題もあります。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

これはなぜでしょうか。

一つには、義歯と歯茎の間に歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

こうした症状に気付いたら、早期に診察してもらうことが大切です。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかで相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配も気にする必要はありません。

義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です