レオンハルトと梶谷

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが重要事項の一つになります。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療中でも、治療後もそれとわかることはまずありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、他の人に自分から言う必要もないのでもしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。

義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用を一度に用意できない方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。

他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは治療に失敗した場合、再度同じ治療を行えなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。

治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。

とうきのしずく(透輝の滴)効果や口コミを徹底検証
ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です