ロスがニッキ

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはめったにありません。

一見したところ、自分の歯と同じくらいかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。
ソワンでパックリ毛穴改善できるの?評判や口コミを調べてみた!

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。

通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。

代表的なインプラント適用のケースは、他の歯に影響を及ぼしたくないという患者の希望がある場合です。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

気になるインプラント手術の内容とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、各パーツがどのように繋がっているかによって、何種類かのタイプがあります。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

インプラント治療は、まず何が大切かというと、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

また、それに加えて、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは誰も言っていません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。

インプラント以外の自分の歯と同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。

また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です