小黒の岩間

インプラントの利用を考える際に、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント。

ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。

まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

難しいケースでは数十万円かかることも覚悟してください。

また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

まず、差し歯というのは、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはありがたみを実感する点です。

隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。
夜寄るブラ+plus(プラス)人気?口コミや効果を検証!

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。

ブリッジという選択肢もありましたが、このような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが安定して噛むためにはインプラントの方が良いといわれました。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく違和感なく噛むことができるようになり私の場合は、インプラントが最適でした。

残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんが医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして収入から医療費を控除されます。

確定申告をするときの注意点として治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

高額の費用を一度に用意できない方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です