宇野のみか

数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

自費診療なので、かなりの額になりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術が終わってから、だんだんと自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう場合があることに留意してください。

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴ってだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらにセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を譲れない方にふさわしい治療です。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には様々な事情から、他の治療が受けられない患者さんが受ける治療です。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近く食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずないと考えてください。

根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯だと気づかれることもほとんどありません。

費用や期間より、見た目重視の方にとって最適な治療と言えます。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗のリスクはあります。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体に関わる問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。

ベルタこうじ生酵素は人気ありますね!その秘密を徹底調査!
リスクをできるだけ減らすためには歯科医はよく考えて決めてください。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

いわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるデメリットも承知してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です