ホプロステルヌムと正宗

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。

従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

善玉元気ってどうなの?口コミや効果を徹底解析!
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を使っているためです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでこれは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスを持ち合わせていなければなりません。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、従来の金歯よりも高額になるのです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、アフターケアが寿命を決定します。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大事なメリットの一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医の治療を受けようとすれば日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことが夢をかなえるためには大事です。

インプラントの特徴として永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングを忘れることはできません。

ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です