矢吹俊郎が藍

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。

確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、保管しておくことをすすめます。

人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。

保険がきかない理由ははっきりしています。

インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

もしこの治療が保険適用だったら、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。

歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

エクスレンダーってどうなの?口コミや効果を徹底検証!
日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておけばベターです。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも利用できるのがインプラントの強みです。

一本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっていることも考えられるので、放置はできません。

こうした症状に気付いたら、放っておかずに診察を受けてください。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

この最新の治療法には、歯科医をはじめ、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルを置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。

麻酔の効き方を確認しながら手術するのが普通だからです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です